スクガラス(アイゴ稚魚の塩辛@沖縄)

沖縄の珍味、すくがらす

沖縄の珍味、すくがらす


ネットショップで入手した、沖縄の珍味「すくがらす」。
これは、スズキ科の魚、藍子(アイゴ)の稚魚を塩漬けにしたものです。
沖縄の方言で、「スク」は稚魚、「ガラス」は塩辛という意味です。

沖縄大百科スクガラス

スクガラスは、アイゴの稚魚の塩漬け

スクガラスは、アイゴの稚魚の塩漬け


瓶の中には、4センチくらいの小っちゃなお魚が、たくさん詰まってます。
光沢のある白い腹、背はほんのりと赤みを帯びているような。

沖縄料理「スクガラス豆腐」は、島豆腐の上にスクガラスをのせたもの。
そういえば昔、中野の沖縄料理屋さんで食べたなあ。
何だか知らずに注文し、出てきた料理に目がテンになった思い出があります。

これをおうちで作ってみるのだ。

水切りした木綿豆腐

水切りした木綿豆腐


島豆腐はしっかりした硬い豆腐なので、買ってきた木綿豆腐は水切りします。
布巾で包んで、まな板で重しをして、放置すること小一時間。
良い感じに締まってきました。

木綿豆腐に、スクガラスをのせて

木綿豆腐に、スクガラスをのせて


これを半分の薄さにして6つに切り分け、スクガラスをのせます。
並べると面白い!稚魚の群れですね。
沖縄の海が、テーブル上に再現されたかのようです。ぴちぴち!

スクガラス豆腐

スクガラス豆腐


食べてみて、何か物足りない感じだったので、ベランダで栽培してる小ネギを追加。
塩気は足さず、このまま一口で頂きました。
淡白な豆腐と、しょっぱいスクガラスが合いますね。

味は、意外にあっさりしてました。
アンチョビと違って、頭も内臓も一緒に食べるので、クセがあるのかと思ってたんです。
お腹の辺りは、すこしぬめっとしていて、イカの塩辛の味に似てるかな。

美味しかったんですけど…気になったのは背びれです。

アイゴの背びれ

アイゴの背びれ


けっこうすごいトゲトゲでしょ。

青魚のサンマやイワシなんかと違って骨が硬いのか、口に背びれが刺さりそうになるんですよ。
怪我をするほどではないですが、チクチクします。
ちゃんと噛み砕くまで安心できません。
トゲのある豆腐を食べているような、ちょっとスリリングな一品でした。

楽天市場で「スクガラス」を検索する
Yahoo!ショッピングで「スクガラス」を検索する
Amazonで「スクガラス」を検索する

投稿日:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© アンチョビ三昧|お家でつくる!手作りアンチョビ , 2019 All Rights Reserved.