アンチョビ作成レシピ(2ちゃんねる掲示板より)

28 名前:ぱくぱく名無しさん[sage] 投稿日:2009/07/04(土) 18:51:32 ID:2+EdtRnR0

2チャン流アンチョビ作成レシピ暫定版(少し進化したよ)

1. カタクチイワシを購入する。
(ヒコイワシ、セグロイワシなどが異名。真イワシ、平子イワシは別物(らしい))

2. 軽く水洗いした後、いきなりたっぷりしおをまぶす。

3. しおまみれのまま、ガラス容器に入れる。

4. 容器の上からさらに塩を入れる。
(お好みで)

5. 後日、容量が少しへこむので、様子を見ながら少し塩を継ぎ足す。飽和食塩状態が安心。
(お好みで)
  ※あまり薄いと、腐る。このスレでも腐って捨てたと言う報告例あり

6. 1ヶ月以上常温放置。
(3ヶ月位まで)

7. 塩から取り出す。
  ※この際、塩汁は鍋ものに使える。塩は、その次のアンチョビ作成に再利用可能。捨ててもかまわない。
   塩に風味がついてるので、料理にも使える。

8. 指で頭をちぎり、腹に指を入れ、内臓を取り出す。軽く水洗いする。
  ※8の2、ここで塩抜きするために水にさらすというレシピがあった(←損得不明:水は危険という意見があった)
  ※水洗いは危険だよ派は、8は省略すること。

9. キッチンペーパーで水分を軽くふきとる
  ※水洗いは危険だよ派は、9は無関係。

10. ビンに入れ、上からオリーブオイルをいれて、いわしが空気に触れないまでひたひたにする。 
  ※好みで、にんにくをオリーブオイルに入れてもいい。

11. 1週間以上放置

12. できあがり
  ※油は調理に使える。

コツを一言で言うと、塩漬けは、さばかずに丸ごと。味がうまい、内臓を裁くときに簡単。の2大メリット。

なお魚は、小さい方がおいしいが、手間が大変。
また、さんまのサンチョビなど、他の魚でもそれなりになる。が、たとえばさんまは大味だったりする。

投稿日:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© アンチョビ三昧|お家でつくる!手作りアンチョビ , 2019 All Rights Reserved.